「『見せる』証拠はわかりやすいんだね」

◇22年度4月より開講の「グローバルに通用する思考・言葉力」のお問い合わせはこちら
◇ THINK-AIDは、「自分で考える力」「伝える力」を育むことを目指し、様々な活動を行っております。フェイスブクップページでも、情報をお伝えしております。是非ご活用下さい。
◇ 小学生向けの「考える・伝える力」クラスはの新規生募集は来年になります。詳細が決まりましたら、当サイトおよび フェイスブクップページでご案内差し上げます。よろしくお願いいたします。
—————-

小学生の考える・伝える力を伸ばす「コミュニケーション能力プログラム」より、クラス風景のご紹介です。

「事実と意見」の線引きをやった時のこと。

事実と意見を区別することは、考える力(クリティカル・シンキング)の大事な基礎です。

子どもたちに、「地球は丸い」という事実を証明するためにはどんな証拠がある?と尋ねると…

「写真」
「図鑑」
「地球のみんなをロケットに乗せて見せる」
「写真だと信じない人もいるよ」
「今までみんなが言った証拠は全部『見せる』ものだよね、やっぱり『見せる』はわかりやすいんだね」

ここまで考えられるなら、さらに広く深い思考へと引っ張ってあげたくなります。

「じゃあ、『見せる』以外に地球が丸いことを証明する方法はある?」と聞いてみると…

「歴史を調べる」
「大統領に『地球は丸いんだ!』と怒って言ってもらう」
「地球の表面に大きなシートを張って、その上を目の見えない人に歩いてもらう」
「目の見えない人じゃなくても、目が見えない宇宙服を着ればいいんじゃない?」

子どもならではの柔軟な発想、大人も顔負けの俯瞰力。
事実の何たるかを肌でわかっていることの凄さ。

何より、考えをシェアするのが楽しい!
友達の意見を聞いているのが楽しい!
というワクワクが伝わってくるのが嬉しいです。

THINK-AIDの教育のモットーは、1人ひとりの個性を大事に育てること。

シラバスの基本を守りつつ、「この子だからできる」思考の後押しをこれからもしていきたいです。

みんな、いつも楽しい、真剣な時間をありがとう。

小-中学生対象「グローバルな日本語」コース、説明会・体験レッスンを行います

◇ THINK-AIDは、「自分で考える力」「伝える力」を育むことを目指し、様々な活動を行っております。フェイスブクップページでも、情報をお伝えしております。是非ご活用下さい。
◇ 小学生向けの「考える・伝える力」クラスはの新規生募集は来年になります。詳細が決まりましたら、当サイトおよび フェイスブクップページでご案内差し上げます。よろしくお願いいたします。
—————-

狩野みきが指導責任者をつとめる「グローバルな日本語」コース(主に中学生対象)の説明会を11月20日(土)15時〜 行います(Zoom)。

体験レッスン(12月12日(日)13時〜)のお申し込みも始まりました。

説明会・体験レッスンのお申し込みはこちら (LINEでもお申し込みいただけます)

「グローバルな日本語」コースのご案内はこちら

よろしくお願いいたします!