伝え方を学ぶ教室・MJコース(対象学年 小5〜)

2022年4月より、グローバル水準の「伝え方」を学ぶ教室、My Japaneseコース(略してMJコース)を開講します。

MJコースでは何をするの?
普通の塾の国語とは何が違うの?

というご質問をよく受けます。

その度に、逆にこう質問させていただいています。

「国語の授業で『効果的な伝え方』を目的別に、具体的に習ったこと、ありますか」

「ない」と答える方がほとんどではないでしょうか。

それもそのはず、国語は伝統的に「文章の解読法」にフォーカスした科目だからです。目的別に効果的な伝え方を教えることをあまりやってこなかったのですね。

一方、欧米などの「国語」の授業では「効果的な伝え方」を小学校の頃から徹底的に鍛えます。

これからの時代は「解読」だけでなく「効果的な発信のスキル」が必須です。

ダボス会議で有名な世界経済フォーラムは、これからは「世界各地からバーチャル・チームとして働ける人材が求められる」と言っていますが、多様な文化の人たちと協働するにはまさに「効果的な発信のスキル」が求められますね。

人種も文化も違う相手に、自分が伝えたいことをどう伝えればいいの?
効果的な「説明」の手順・コツとは?
効果的な「描写」の手順・コツとは?
効果的な「説得」の手順・コツとは?
「気持ち」を伝えるための手順・コツとは?
そもそも、自分が「伝えたいこと」って何だろう?
考えていることをどうすれば効果的に「言葉」にできるの?
自分の個性を活かしたプレゼンテーション法とは?

MJコースではそんなことを学びます。

英米の学校で伝統的に行われている「伝え方指導法」をベースに、グローバルを視野に入れた「効果的な伝え方」を指導します。

詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらからよろしくお願いいたします。